循環器の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

循環器 看護師の仕事内容について書いた記事をまとめてあります。特に循環器未経験のあなた、予習に読んでおくと転職がスムーズにいきますよ!

循環器 看護師の仕事内容は?ほんとに忙しいの?なぜ忙しいの?

循環器科への転職を考えるにあたって、仕事内容や一日の流れ、ケアの方法、勉強のポイントは知っておきたいですよね。循環器科は、他科に比べて新人が配属希望する割合が少ない科と言われています。「難しそう」「急変が多そう」「忙しそう」といったイメージが強い科ではあります。本当にそうでしょうか?循環器病棟の一日の流れや仕事内容をご紹介していきます。
続きを読む

循環器 看護師の役割は、「異常の早期発見」だけじゃない、患者様に寄り添う「生活指導」との2本柱なんです。

循環器看護師の役割を果たすためには、何が求められるでしょうか?循環器看護の本質とはなんでしょうか?それは、「異常の早期発見」「生活指導」と言えます。その役割と具体的な内容についてお話ししたいと思います。
続きを読む

循環器 看護師のやりがいは、急性期看護だけじゃないんです。

だれしも「やりがいってあるのかなあ」と気弱になることがあります。どこかに形としての「やりがい」というものが存在していたり、明確な解決策があるわけではありませんので、先輩や経験者の言葉からヒントを得たとしても自分にとっての「やりがい」が実感できるかは保証できません。看護師は資格をとったからといって即、プロとして活躍できるわけではありません。患者さんがいるから成長することができ、患者さんに励まされ、教えてもらいながら「やりがい」を糧に一人前の看護師になっていきます。多忙といわれる循環器での仕事。忙しい=やりがいが大きい、は間違いです。循環器 看護師ならではのやりがいは、どこにあるのか、どんな時に感じられるのかについて経験をもとに書いていきたいと思います。自分の「やりがい」は自分で見出すことが必要ですが、その参考にして頂ければ嬉しいです。
続きを読む

循環器 看護師の勉強は、この参考書で決まり!

いきなりですが、循環器関連の病棟や検査室・手術室は、他の科に比べてたくさんの勉強が必要そうだから嫌だ、心電図は難しそうだしできたら避けて通りたい、と思っている看護師さん多いと思います。実際働いていると、そんな声を良く聞きます。どんな科、どんな場所に配属されたとしても勉強は必要ですね。同じ看護師である以上、循環器 看護師が極めて特殊なわけではありません。しかし、看護師界に蔓延する心電図アレルギーが循環器を「難しそう」「できたら行きたくない」と思わせている大きな原因と思っています。心臓の形態・動きを電気信号の波形として捉える心電図は、目で見ることが出来ない臓器の働きを「可視化」してくれる素晴らしい検査です。そして、この有用で重要なデータを読み取る力が必要なことが、循環器 看護師の特徴と言えます。最初の頃は、血管の名前や血管の走行をいくら覚えようとしても頭に入らない、バイパスの手術と言われてもどんな感じで血管をつないだのかさっぱりイメージできないなんてこともあります。人体は立体的です。教科書や参考書で得た2Dの情報を、患者さんを相手に3Dの情報に転換し理解する力が必要なんです。今回は、循環器 看護師の勉強に役立つ参考書をご紹介していきます。分かりやすく、ためになるそして勉強が楽しくなる参考書で、どんどん知識を取り入れてください。
続きを読む

循環器 看護師はサービス残業当たり前!?忙しいからしょうがないの?

だれしも「やりがいってあるのかなあ」と気弱になることがあります。どこかに形としての「やりがい」というものが存在していたり、明確な解決策があるわけではありませんので、先輩や経験者の言葉からヒントを得たとしても自分にとっての「やりがい」が実感できるかは保証できません。看護師は資格をとったからといって即、プロとして活躍できるわけではありません。患者さんがいるから成長することができ、患者さんに励まされ、教えてもらいながら「やりがい」を糧に一人前の看護師になっていきます。多忙といわれる循環器での仕事。忙しい=やりがいが大きい、は間違いです。循環器 看護師ならではのやりがいは、どこにあるのか、どんな時に感じられるのかについて経験をもとに書いていきたいと思います。自分の「やりがい」は自分で見出すことが必要ですが、その参考にして頂ければ嬉しいです。
続きを読む

循環器 看護師は夜勤がきつい?!体調崩さないで頑張れる?

夜勤無しの日勤常勤、夜勤専従、期間限定の応援看護師など看護師の働き方は多様化しています。どんな働き方を選択しても「夜勤する・しない」の問題は避けて通ることが出来ない看護師の仕事。循環器 看護師は、急変や救急受け入れが他の診療科に比べて多く、夜勤も忙しい傾向にあります。ただでさえ忙しい循環器 看護師は、体調を崩さずに夜勤も頑張っていけるのか、仕事を続けて行けるのか、常に不安を抱えながら働いていることと思います。そして、これから循環器 看護師を目指してみようかとお考えの方も、夜勤がきついのではないかと心配されているのではないでしょうか。今回は、循環器 看護師の夜勤問題について考えてみたいと思います。
続きを読む

循環器で働いてみたくなる、看護師が嬉しく感じる数々の場面とは

循環器は難しい、循環器は残業が多い、循環器は勉強が大変。看護師にとって循環器は好き、嫌い、得意、不得意が分かれやすい分野です。嫌い、不得意という看護師の中には、実際に循環器で働いたことはないけれど、実習の時に受けた忙しそうというイメージが強かったり、人から聞いた話で循環器を避けている人もいるようです。しかし、循環器はやりがいを感じイキイキと働いている看護師がたくさんいます。仕事が楽しい、もっとスキルアップしたいと毎日を楽しんでいる看護師もたくさんいます。循環器で働く看護師が「嬉しくなること」をたくさん紹介していきます。この記事を読んでくださった看護師の皆さんが、循環器で働いてみたい、ちょっと面白そう、少しでもそんな風に思ってもらえたら嬉しいです。最後までお付き合いください。
続きを読む

循環器で看護師がむかつくのは、日常茶飯事。どんな時誰に対して?対策は?

循環器疾患の患者さんは、医師、看護師をはじめとする他職種のチーム医療によってサポートされています。循環器 看護師が関わる職種は多岐にわたり、人と人、部署間のコミュニケーションが欠かせません。関わる人が多くなれば、その分むかつくと感じる場面も多いのではないでしょうか。同じ看護師として、指導を受けたり指導したりする中でも同様です。今回は、循環器 看護師がむかつくエピソードをご紹介し、対策について考えていきましょう。
続きを読む

転職サイトランキングを見る