循環器の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

循環器への再就職、ブランクのある看護師はやっていけるのでしょうか

看護の現場は慢性的な人材不足です。人員の補充は、看護師免許を取ったばかりの新卒者や、看護師として継続して働く中途採用者だけではとてもまかないきれません。

看護業界にとっては、何らかの理由で、ブランクがあったとしても看護師として再就職したい意思を持っている方は貴重な存在、歓迎すべき存在です。

しかし、看護師の仕事にブランクがある方は、再就職を考えるにあたり「やっていけるだろか」という不安を感じられると思います。数ある診療科の中でも、忙しいと言われる循環器へ再就職はハードルが高いと思われている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、ブランクがあり循環器に再就職をお考えの看護師へのアドバイスです。ぜひ参考にしていただきたいと思います。

ブランクのある子育て中の看護師が循環器へ再就職するお話

継子と、望美の二人は10年前に新卒で同じ循環器病棟に就職した同期です。継子は同じ循環器で看護師歴10年のベテランとなっています。望美は3年間勤務したのち、結婚、出産で退職し現在も専業主婦です。7年間のブランクがあります。

継子が休みの日に、たまに会って話をする関係が続いています。実は、望美は循環器 看護師として再就職したいと考えているようです。ちょっと2人の会話を聞いてみましょう。

望美「継子、ずっと同じ循環器で働いてるよね。忙しい?やっぱり新卒とか若い人が多いのかな」

継子「最近は、時短勤務制度が導入されたから9時から16時まで働く、ママさんナースもいるよ、相変わらず忙しいけどね」

望美「(時短か、それなら私もいけるかな。家事と両立できそう)そうなんだ、循環器未経験の看護師とかママナースも働けそうな職場なの?」

継子「ほとんどが循環器経験者だね。ずっと前に循環器で働いていて、ブランクのある看護師は古い知識のままだから逆にやりにくいのよね。循環器の薬とか治療は移り変わりが速いからね。ガイドラインも2年ごとくらいに変更されるし」

望美「(ギクっ、私の知識もかなり古いわ)じゃあ、循環器の現場は循環器未経験の方が歓迎されるのかな」

継子「即戦力を求めているから、循環器の経験者が良いんだけど、ブランクが長くてあまりにも知識が古すぎると逆にやりづらいってことよ」

望美「(相当勉強しないと無理ってことね・・・)時短看護師と働くってどんな感じ?時短に人は時間きっちりに帰れるの?」

継子「私達常勤は、時短の人に残業させないように厳しく言われてるから、時短の人は帰れてるよ。でも望美も知っていると思うけど、緊急入院とか、緊急手術、カテーテル治療の延長とかで夕方は忙しいでしょ。私たちは時短の人が残した仕事も引き受けて大変なのよ」

望美「(常勤には負担に思われているのね、それも辛いわ)大変だね、じゃあブランクの長い時短看護師が就職して来たらどんな感じかな?」

継子「うーん、教える方は大変だと思うよ。仕事終わってからの振り返りもできないし、どのくらい技術と知識があるか見極めて仕事割り振らないといけないし。私だったら新卒を教育担当する方がましだわ」

望美「(現場的にはちょっと迷惑ってことなのかしら、やっぱり循環器への再就職は難しいかも)そうだよねー、ブランクがあって循環器に再就職するのは、子育て中の看護師には向いていないのかもね」

継子「えっ、もしかして望美、循環器への再就職考えていたの?(まさか、無理でしょ!)」

望美「そんなことないよ、聴いてみただけよ。上の子も小学生だし、下はまだ幼稚園よ。(まさか循環器への再就職考えているなんて言えない雰囲気だね)」

いかがでしたか?

現役の方は、循環器でバリバリ働くベテラン看護師の継子の本音に共感するところも多いのではないかと思います。2人の会話から、ブランクがある看護師の、循環器に再就職できたらしたいけど体力的に大丈夫なのか、家事子育てと両立できるのか、勉強を教えてもらえるのか、といった漠然とした不安が伝わってくるのではないでしょうか。

ブランクの有る看護師、循環器への再就職について解説していきます。

ブランクのある看護師が循環器に再就職するパターンとは

ブランク、と言ってもブランクの理由は様々です。

もっとも多いものは、結婚、子育てかと思います。いったん看護師を辞めて、異業種へ就職したという方もいるでしょう。

循環器の経験の有無、現在子育て中または子供が大きくなり手が離れているかどうかも人によって違います。シナリオの望美は「循環器での経験があり、子育て中で7年のブランクがある看護師」ということになります。

循環器に再就職を考える理由は、ブランクがあるものの経験のある循環器で知識を生かして働きたい、というケースと、循環器の経験は無いが興味はあって勉強してみたい、というケースに分けられると思います。

さらに掘り下げて考えていきたいと思います。

循環器への再就職、ブランクの長さによって再就職のしやすさは変わるか

看護師としてまた働きたい、と再就職を考えた時に経験のある科を選ぶことは自然なことです。循環器 看護師も例外ではありません。

ブランクは何年以下が短く、何年以上は長いという基準はありません。半年のブランクであっても、長く感じる方もいますし、10年のブランクでも技術・知識・体力ともに自信があれば長く感じないこともあります。あくまでも主観ということになります。

自分はブランクが長いから、循環器には採用されないに違いない、という思い込みは必要ないということです。

循環器への再就職、看護師のブランクはどのくらいの期間までOKか

ブランクの長さは主観、と言われても循環器に採用されやすいブランクの目安が知りたい、と思われるでしょう。具体的に解説していきます。

継子は循環器経験者でブランクの有る看護師の事を「ブランクのある看護師は古い知識のままだから逆にやりにくいのよね。循環器の薬とか治療は移り変わりが速いからね。ガイドラインも2年ごとくらいに変更されるし」と言っています。

循環器は治療法、診断ガイドライン、新しい薬剤に関する知識の入れ変わりが速い科と言えます。実際にどれくらいのブランクまで再就職可能でしょうか。

現場の意見としては、看護師としての前職の勤務期間にもよりますが、ブランク3年未満は、ほとんど再就職に影響しないと思われます。3年以上になると、現場のエビデンスもかなり変わっているので、十分に勉強をサポートしてくれる職場を選ぶ必要がありそうです。

ブランクのある看護師の再就職、循環器へ再就職したい動機は

循環器への再就職。再就職したい看護師側は、新しい知識についていけるか、忙しい業務のペースについていけるのか、家事子育てと両立できるのか、体力的に耐えられるか、様々な不安があると思います。採用側にとってもブランクの有る看護師の採用は慎重になります。

前職で循環器の経験の有無に関わらず、なぜ循環器に再就職したいのかの動機が重要視されると思います。ブランクの長さは、1年、3年、5年、10年と人それぞれですが、いずれの場合も、再就職したら現場での学びなおしは必要です。

面接では、循環器に就職したい動機やモチベーションを上手く伝えることが必要です。

循環器への再就職と子育てを両立させるポイントは?

子育て中の方は、働ける時間に制約がある方も少なくありません。望美も「時短なら働けそう」と言っています。

また、継子は「緊急入院とか、緊急手術、カテーテル治療の延長とかで夕方は忙しいでしょ。私たちは時短の人が残した仕事も引き受けて大変なのよ」と言っています。このような現場で、家事・子育てと仕事を両立できるのでしょうか。

家事・子育てと仕事の両立は、終業時間が決まっていること、休み希望の融通が利く事が必須と言えます。

保育園や託児所に子供を預けていても、熱が出た、吐いている、迎えに来るようにと連絡が入り、早退せざるを得ないことも珍しくありません。

人員的に余裕がない職場、子育てとの両立に理解が乏しい職場では、肩身の狭い思いをしてストレスを感じたり、同僚の冷たい視線に耐えられず退職してしまう事態が起こる可能性があります。

働く時間についての取り決め、子育てに対する周囲の理解が得られるか、入職前にしっかりと確認して就職する事がポイントです。

まとめ

どうでしたか?

ブランクのある看護師も循環器への再就職は可能です。ただし、忙しい現場、日々刷新される循環器の知識についていきながら仕事をするためには、しっかり学びなおしできる環境が必要です。

家事・子育てとの両立は、就職前に終業時間の取り決めや、子育てに理解してもらえるか、休みの融通が利くかを確認しておく必要があります。しかし、口約束だけでは再就職してから後悔する事態になりかねません。

ブランクのある看護師、家事・子育てと仕事を両立させたい看護師は、ぜひ無料の転職サイトに登録し、再就職をサポートしてもらいましょう。看護師転職のプロが、循環器への再就職をサポートしてくれます。

循環器の病院も忙しさはそれぞれ違います、実際に勤務している看護師の声や、病院の内情に精通したコンサルタントが、再就職したいあなたの不安や要望をしっかり受け止めてくれます。

ブランクのある看護師の再就職、ぜひ成功させてください。

循環器の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る