循環器の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

循環器 看護師のやりがいは、急性期看護だけじゃないんです。忙しい=やりがいは誤解、実は奥深い循環器看護のやりがいとは。

だれしも「やりがいってあるのかなあ」と気弱になることがあります。

どこかに形としての「やりがい」というものが存在していたり、明確な解決策があるわけではありませんので、先輩や経験者の言葉からヒントを得たとしても自分にとっての「やりがい」が実感できるかは保証できません。

看護師は資格をとったからといって即、プロとして活躍できるわけではありません。患者さんがいるから成長することができ、患者さんに励まされ、教えてもらいながら「やりがい」を糧に一人前の看護師になっていきます。

多忙といわれる循環器での仕事。忙しい=やりがいが大きい、は間違いです。

循環器 看護師ならではのやりがいは、どこにあるのか、どんな時に感じられるのかについて経験をもとに書いていきたいと思います。自分の「やりがい」は自分で見出すことが必要ですが、その参考にして頂ければ嬉しいです。

循環器 看護師のやりがいは、循環器での経験が、他の領域でも生きることです。

循環器病棟での勤務は、患者さんの急変や異常の兆候を見逃さない繊細な観察力が求められます。このことは、「よく観て」「先を読む」観察力、アセスメント力を磨くことになります。

また、技術面では手術・冠動脈CT・カテーテル検査治療のため、毎日何人もの患者さんに太い留置針で末梢静脈路を確保することと、血管外に漏れると危険な薬剤が多いため確実な場所を狙って点滴をすることから、循環器 看護師は点滴が得意と言われています。

循環器 看護師にとって必須の知識である「心電図を読む力」はどんな科、どんな場面でも重宝されます。

大変な勤務によって取得した知識や観察力は、やりがいにつながります。ライフプランの変更によって、休職や異動になったときにも、自信を持って向かえることが出来、他の分野でも活かせることは間違いないでしょう。

循環器 看護師のやりがいは、些細な関わりから受け取る患者さんからの「ありがとう」

急性心筋梗塞・狭心症・大動脈解離・心臓手術・危険な不整脈・・・と循環器病はどれも死を意識せざるをえない疾患です。循環器 看護師は、救急車で搬送され治療を受けて一命を取り留めたという患者さんや、手術・治療を控えた患者さんを看護することが仕事です。

命に係わる疾患に向き合えること自体を「やりがい」と感じる看護師もいるでしょう。循環器疾患の患者さんは、常に不安と緊張の中にいると言えます。

布団をかけたり、衣服を整えたり、お話を聴いたりすることなど、高度な看護技術ではなく何気なく行った日常のケアに対して「ありがとう」と感謝の言葉を頂いたとき、とてもやりがいを感じます。

不安と緊張感の中にもほっとするひと時を感じてもらい、感謝されることが循環器 看護師にとっての大きなやりがいです。

循環器 看護師のやりがいは、急性期から再発防止の患者教育まで広い範囲を担当できることです。

循環器の急性期は細かい血行動態モニタリング、輸液管理、急変対応などが必要で、繊細な看護が要求されます。これらについていくためには勉強は欠かせないので、業務と勉強の両立は大変という声は多いです。しかし、自分の観察や気づきで急変回避できたり、回復に向かう患者さんを看護することはなににも代えがたいやりがいとなります。

循環器は急性期というイメージが強いですが、実は循環器看護の本質は、循環器疾患の予防・再発防止行動の教育なのです。

患者様の日常生活行動を良く聞いて、問題を抽出し、健康寿命を延ばせるようにサポートする教育活動はとてもやりがいがあります。

日本人の心血管・脳血管疾患・高血圧等の生活習慣病はどんどん増えてきています。

国としても予防行動に重点をおいた対策を取っています。今後循環器 看護師の役割はますます拡大していくと思われます。

まとめ

循環器 看護師のやりがいまとめてみましたが、いかがでしょうか。

循環器は忙しいと聞いているから潰れてしまいそう、忙しい中にやりがいなんて見出せそうにない、という先入観を抱いている方もいると思いますが、決してそんなことはありません。ただ忙しいだけではない循環器看護のやりがいを知って、「チャレンジしてみたい」と思っていだけたら嬉しいです。

お仕事をしながら、転職活動するのは容易ではありませんし、情報量不足のままだと失敗してしまう事もあります。そこで、転職サポートの経験豊富な転職サイトに登録し、担当コンサルタントに相談してみることをお勧めします。

あなたの「できること」「やりたいこと」をしっかり聞いて転職先をピックアップしてくれます。給料の面や福利厚生についてなども、病院との間に入り交渉してもらえるので安心です。

これらのサービスは無料で受けられます。ぜひ循環器の求人に強い転職サイトへ登録してみて、やりがいが見つかるお仕事に出会ってください。

循環器の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る