循環器の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

循環器の新卒看護師が転職したい理由とは、転職を成功させるポイント解説します

循環器で働く新卒看護師が転職を考えるのはどんな時で、転職を成功に導くポイントは何でしょうか?

新卒看護師が、初めて就職した病院を退職し、新たな職場を探すのは大変なことです。継続した新人教育を受けられなくなるのではないか、技術が身につかないのではという、新卒看護師ならではの不安もあると思います。

この記事で、循環器で働く新卒看護師の転職を応援したいと思います、ぜひ参考にしてください。

目次 [目次を隠す]

循環器の新卒看護師が辞めて転職するお話

新卒で循環器病棟に配属になった看護師の様子をちょっと覗いてみましょう。

2人の新卒看護師が、休憩中に話しているようです。就職から約4か月、そろそろ夜勤に入り始める時期のようです。

2人とも新卒の23歳、四年生看護大学卒の早美看護師と、三年生の看護専門卒の継子看護師の同期組です。

早美「いいよねえ、継子は夜勤に入らせてもらえて。私、ずっと日勤で飽きてきちゃったわ。」

継子「何言ってるのよ、みんな順番なんだから早美もそのうち夜勤に入れられるよ。」

早美「だって、同期4人のうち夜勤に入らせてもらってないのは私だけよ。学生の時実習も少なかったし、点滴も下手だからだと思うけどなんか嫌だわ。看護の知識が一番あるのは私だと思うけどね。」

継子「確かに一番知識があるのは早美だと思うよ、でも看護師としてのスタートは一緒だしそのうちみんな夜勤に入るってば。」

早美「なんか、だんだんやる気なくなってきちゃったよ、もっと自分を買ってくれるような病院に移ろうかな。おむつ交換とか、入浴介助とかヘルパーさんでもできる仕事はもう嫌だし。」

継子「新人教育のプログラムを途中で辞めることになるよ、何年かは一緒に頑張ろうよ。」

早美「どこに行っても新人教育なんか受けられるし、知識的なことはすぐに追いつけるわよ。もっと私を大事に扱ってくれる病院の方が居心地いいじゃない。夜勤に入る順番も差別されてやっていられないわ。」

継子「差別じゃないと思うけどなあ・・・(プリセプターや師長の判断に納得いってないんだな、気長に頑張ればいいのにもったいないなあ)転職するとしたら何科に行くつもり?」

早美「せっかくちょっとは勉強したから循環器かな。心電図も読めるようになってきたしね。」

継子「そう・・・(じゃあここにいればいいのになあ)」

いかがでしょうか。新卒看護師同士のこんな会話、どこかで聞いたことありませんか?新卒看護師も個別性があります。技術の習得状況に応じて、上司・プリセプターが独り立ちできる業務の範囲を判断し業務が拡大していきます。

その過程の中で、早美のように心が退職に向かってしまうことも少なくありません。

新卒で就職した職場で、「大切にされている」と感じていますか?

早美、継子の会話の中で、早美は「もっと自分を大切にしてくれる病院がいい」「差別されている」と発言しています。

新卒看護師は、就職した直後はオリエンテーション・患者紹介、数人の受け持ち患者から開始し、かなり手厚くフォローされていると思います。

就職から4か月くらいからは、ある程度の業務は独り立ちできるように周囲からの指導の厳しさが増してくる時期と言えるでしょう。この時期は同期で就職した看護師でも、看護技術の達成度に開きが出てくる時期といえます。

早美は、同期との技術達成度の開きや、周りからの評価に敏感になっており、「大切にされていない」「差別されている」と感じてモチベーションが低下してしまったようです。

この2人の会話から読み取れる転職したい理由以外に、どんな理由があるのか見ていきましょう。

循環器の新卒看護師が転職する(辞める)理由はこの4つ

循環器に就職したきっかけは人それぞれだと思いますが、新卒看護師の誰しもが「勉強したい」「技術を身に着けたい」という志を持っていると思います。

循環器に就職した新卒看護師が転職を考える理由をもっと掘り下げてみましょう。

残業続き、休日の勉強会出席、レポート提出、頑張りたいけど疲れすぎて転職

新卒で就職するとき、病院選びのポイントとして、卒後教育・新人教育が充実している、勉強会に参加できる、という点を重視した新卒看護師は多いと思います。

実際に就職したら、業務を覚えること、環境に慣れること、自己学習、さらに残業や時間外の勉強会出席でクタクタ、という状態になっていないでしょうか。

教育体制が充実しているとはいえ、新卒看護師が心身ともに疲弊してしまうほどの詰め込みは、バーンアウトしてしまう大きな原因です。

「頑張りたい」「勉強したい」という思いが強い熱心な新卒看護師ほど、疲れしまったとき心が折れがちと言えます。

心電図が読めるようにならない、毎日が不安で転職

循環器の患者観察に欠かせないのが心電図です。心電図は、参考書を読みこんだだけではなかなかマスターできないものです。きっちりと解剖生理を理解したうえで、患者の疾患、状態を合わせて異常が何かを熟考する基礎教育があって、読めるようになってきます。

循環器の看護師を長年やっていても、判読が困難な心電図に遭遇することはあります。

新卒看護師が、心電図が読めるようにならない、どうやって勉強していいかわからない、異常を見逃してしまい注意されて落ち込んだ、という話は良く聞きます。退職理由の一つとなっています。

末梢静脈路確保、急変時の対応、など新卒看護師同期との技術達成度の開きに焦り転職

看護師国家試験に合格したら、一人前の看護師でしょうか。

確かに、「看護師免許を持っている」人になります。看護技術や知識を学びながら、現場で体得することで一人前の看護師になっていきます。成長のスピードに個人差があるのは自然なことです。

同期が数人いる場合、早美のように「自分だけ取り残されている」「先輩から差別されている」と焦りを感じる新卒看護師も存在します。

看護師としての長い職業人生を考えれば、成長に多少時間がかかろうとも、しっかりと着実に学んでいくことが大切です。

新卒看護師として教育してもらえる期間は、焦らずマイペースで「同期より遅れている」と劣等感を感じたり、焦ることなく進んでもらいたいと思います。

教育する側が「あの子は夜勤に入らせられない」「ほかの子はできるのに何故できないの」といった発言や、態度を取ることで新卒看護師が委縮してしまい、やる気をなくしてしまうケースもあります。

看護技術の達成度が低いまま夜勤に突入、夜勤が怖くて転職

夜勤に入るように言われても、自分の観察や技術にある程度の自信が持てなければ、新卒看護師にはかなりのプレッシャーになります。また、夜勤でのミスは、一緒に勤務する先輩看護師にダイレクトに作用します。

例えば、点滴を何回も失敗し、患者さんを怒らせてしまった、処置の仕方が悪くて医師に注意された、など様々です。新卒看護師は、「迷惑をかけてしまった」と落ち込み、退職、転職を考える原因となります。

早美は、同期の新卒看護師より夜勤に入れるのが遅いことを「差別だ」と不満に感じていますが、指導側の立場からはもっと技術面に自信が持てるようにならないと、夜勤でつらい思いをさせるかもしれないと配慮してのことかもしれませんね。

循環器の新卒看護師が転職する場合のチェックポイント

ここからは、循環器に在職する新卒看護師が実際に転職する場合、どんなことに気を付けるべきかを説明していきます。循環器を勉強したいという志で就職した以上、「転職しても循環器で働きたい」と考える人もいれば、「もう循環器はこりごりだ」という人もいます。または「循環器は私には合わなかった、他の分野で頑張りたい」という考えもあるでしょう。

いずれの場合も、転職する際に気を付けてほしいポイントがあります。詳しく解説していきます。

残業続き、休日の勉強会出席、レポート提出、頑張りたいけど疲れすぎて転職の場合

学ぶ機会を望んでいたにも関わらず、実際は業務と勉強との両立がハードすぎて疲弊してしまう新卒看護師が転職を考えるケースですね。

客観的には、循環器を勉強したいという志を持っているのに、辞めてしまうのはもったいないなあ、と感じますが、本人が過労やストレスで潰れてしまっては何もなりませんね。

循環器から循環器へ転職する場合

循環器を無理なく学びなおせる環境か、がポイントです。

もともと、学ぶ意欲がある新卒看護師ですから、業務と勉強のバランスがうまく取れるように、調整してもらえる職場がベストです。

面接では、循環器を学びなおしたい気持ちを素直にアピールすることが必要になってきます。

循環器から違う診療科や分野に転職する場合

循環器を学びたい気持ちで就職したにもかかわらず、途中で断念してしまった。と後悔を残すことが無いよう、自分が興味をもって学びなおせるかをよく検討することがポイントです。

特に、慢性期病棟や介護系の場合、看護師としての観察力やコミュニケーション能力はかなり求められますが、注射等の侵襲的処置が少ない傾向にあるため、技術力向上には時間がかかりそうです。

心電図が読めるようにならない、毎日が不安で転職の場合

循環器 看護師にとって心電図を読めるようになることは、必須だと思われます。

循環器の新卒看護師が最も勉強に苦労するところでしょう。心電図が読めないことによって異常を見逃したらどうしよう、という不安も強く、転職を考える原因となっているようです。

循環器から循環器へ転職する場合

もともと循環器に興味があって就職した場合、「心電図が読めない」といっても、基礎となる知識はあるはずです。新卒看護師の転職は、心電図をじっくり学びなおせるかがポイントです。

教育体制の中でも、心電図に特化して教えてもらえるかをよく確認しましょう。心電図が読めずに困る場面では、フォローしてもらえるかもポイントです。

循環器から違う診療科や分野に転職する場合

循環器以外の分野への転職を考える場合、決して「心電図を読まなくてもよくなる」わけではありません。

循環器病棟と比較すれば、心電図を読む機会は減るとは思いますが、各種術後観察を行う部署や救急外来、手術検査室などは概ね心電図の知識が必要になる事が多いと言えます。

心電図を読む場面がどれぐらいあるのかをよく確認することがポイントです。そのうえでの勉強はマイペースでじっくり継続したほうが良いでしょう。

末梢静脈路確保、急変時の対応、など新卒看護師同期との技術達成度の開きに焦り転職する場合

新卒看護師は、看護技術を段階的に習得し、達成できているか指導担当者のチェックを受け独り立ちしていく体制をとっている組織が多いと思います。

同期の新卒看護師が数人いる場合、どうしても技術の達成度に差が発生します。個人の得手不得手、指導者のチェックの厳しさの違い、経験する機会の差などが関与しています。

技術達成度に差がつくと、夜勤に入る時期や任せられる仕事の範囲も変わってきます。「人より遅れている」と感じてしまう原因になります。

循環器から循環器へ転職する場合

この退職理由で、同じ循環器への転職を考える新卒看護師は、とても素晴らしいと思います。同じ分野で学びなおしにリベンジすることは、とても勇気がいることだからです。

自分の個性を見極めて、無理のないペースで循環器を学びなおせるか、苦手な技術を克服するためサポートしてもらえる体制が整っているかが転職のポイントです。冒頭のエピソードで早美が転職するとしたらこのケースに当てはまると思われます。

循環器から違う診療科や分野に転職する場合

新卒看護師が循環器以外の分野に転職する場合、まず未経験の分野ですから、どのような看護技術が必須なのかを知る必要があります。

点滴、与薬、保清などベーシックな看護技術はどの分野に行っても必要ですが、分野ごとに中心となる看護技術は異なっています。

例えば、循環器では「留置針による末梢静脈路確保」「心電図モニター波形の観察」「シリンジポンプ・輸液ポンプの操作」等ですね。これがほかの分野になると変わってきます。

必要となる看護技術の内容をよく確認し、苦手と感じている技術が含まれている場合は、十分に学びなおせる環境かどうかを確認することが転職のポイントです。

看護技術の達成度が低いまま夜勤に突入、夜勤が怖くて転職する場合

新卒看護師が初めて夜勤に入るとき、それは忘れられないほどの衝撃だと思います。

夜勤をさせてもらえるという誇らしさと、何かあったらどうしようという不安の入り混じったドキドキ感は、誰もが経験しています。

人員が少ないことなどの理由で、看護技術や知識に自信が持たないまま夜勤に入らざるを得ないとき、「ここでは無理かもしれない」と感じます。早美も、技術達成度が未熟なまま、同期と同じタイミングで夜勤に入れられると、夜勤に恐怖を感じ退職する原因になってしまうかもしれませんね。

循環器から循環器へ転職する場合

同じ循環器に転職を考える場合、新卒看護師として何が不安なのか、どの技術に自信がないのかをよく自己分析しておくことがポイントです。

その上で、「夜勤自体をしたくない」という意向を持っているのであれば、それを確実に汲んでくれる病院を探すべきです。

実は夜勤をしたくないけど、いつかはしないといけないかも、その時は断りたい、といった姿勢では、最初に就職した循環器と同じことになってしまいます。

いつかは夜勤をできるようにしっかり学びなおしたいのか、夜勤自体をしたくないのかによって転職先の選択は変わってきます。

循環器から違う診療科や分野に転職する場合

循環器以外の分野に転職を考える場合、現状の看護技術達成度でも安心して夜勤ができる分野に行きたいのか、夜勤自体を避けたいのかを明確にしておくことがポイントです。

前者であれば、介護が中心の介護系施設や慢性期病棟などが転職先の候補となります。後者は、外来系、手術室、訪問看護などが候補となります。

まとめ

いかがでしたか?

新卒看護師は、「学びながら仕事する」ことで、一人前の看護師として成長していきます。独り立ちできていなかったとしても、組織にとっては金の卵ですから、是非獲得したい人材です。

新卒看護師の転職は、新卒ならではの不安を解消し、「学びなおし」という最大の課題をクリアできる組織への転職が課題となります。

忙しい毎日の中で、転職先の内情を自力で情報収集することは難しいと思います、また相談できる相手が同期であれば、詳しい情報を持っていないことも多いものです。

新卒看護師の転職は、転職サイトに登録して相談されることをおすすめします。看護師の転職のプロが、あなたの希望をヒアリングしたうえで、おすすめする病院・施設をご紹介します。病院の教育体制や、雰囲気、離職の状況などを把握した専任者が、あなたの転職をサポートします。

もちろん、登録・紹介は無料です。

新卒看護師の転職、「初めの病院では叶わなかったこと」を叶え、第二新卒として学びなおせるよう応援しています。

循環器の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る