循環器の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

循環器 看護師の役割は、「異常の早期発見」だけじゃない、患者様に寄り添う「生活指導」との2本柱なんです。

循環器看護師の役割を果たすためには、何が求められるでしょうか?

循環器看護の本質とはなんでしょうか?

それは、「異常の早期発見」「生活指導」と言えます。その役割と具体的な内容についてお話ししたいと思います。

循環器疾患は、心筋梗塞や危険な不整脈、大動脈解離など、発症すると一刻を争う病態が多いため、入院中患者様の些細な変化、急変の兆候を見逃さない鋭い観察力が求められます。

また、循環器疾患は、糖尿病・高血圧・高脂血症等の生活習慣病との合併で急速に悪化します。これは心血管疾患の「死の三重奏」と呼ばれています。

循環器疾患は発症の派手さと裏腹に、予防行動は非常に地味です。疾患の悪化や再発を予防するためには、患者様自身が退院後の食生活の是正・運動習慣をつける・確実な服薬管理・ストレス回避等を継続的に実践するしかないのです。そのための知識提供と教育が必要なのです。

クリニカルパスやDPCの導入で、どんどん入院期間は短縮されています。短い入院期間の中で、生活指導を行うには、看護師自身の知識向上はもちろん、患者様や家族との効果的なコミュニケーションや他業種との連携が欠かせないと言えるでしょう。

小見出し◾︎循環器 看護師の役割は医師に対しては目となり手となり治療計画を実践するパートナーです。

医師が最新の薬を処方したとしても、患者様が「飲んでいなかった」ではなんの意味もありません。

また、循環器疾患の患者様にとって「運動」は医師の処方なので、指示された安静度でバイタルサインや症状に異常がないこと、不安がないことを確認しながら、段階的に安静度を拡大していくこと自体が治療なのです。

医師は一人一人の患者様の心電図モニター前に張り付いていることは不可能です。循環器看護師は、注射・薬の指示を受けるだけではなく、心電図モニターや症状の変化、運動処方の指示が安全に実行できているかを確実に観察し、医師に報告する役割があると言えます。

循環器 看護師の役割は患者に対しては日常生活を支えるパートナーです。

患者様に対して看護師はどんな存在でしょうか?

それは、患者さんの日常生活を支えることです。日常生活上の問題を一緒に見直し、どうしたら改善していけるかを考え、実践できるように支援していくパートナーなのです。

生活を見る、ということでは患者さんに一番近い役割を担う存在と言えるのではないでしょうか。

必要性をアセスメントし、薬剤師・理学療法士・栄養士・ソーシャルワーカー等に連絡をとり介入してもらえるように調整します。

また、高齢患者様については、循環器疾患での入院をきっかけに要介護状態となることも少なくありません。ケースワーカーや地域のケアマネージャーとの連携も欠かせない役割のひとつです。

循環器 看護師の役割は理学療法士に対しては早期リハビリテーションの効果を共有するパートナーです。

発症後早期からのリハビリ介入の目的は、早期の自宅退院、社会復帰です。退院後の生活を見据えた個別的なリハビリテーションを実践するために他職種との連携は欠かせません。

循環器におけるリハビリテーションは、知識提供・教育を包括した内容となっています。患者様・家族を対象に患者教室が開催されている病院もたくさんあります。医師・理学療法士・栄養士・看護師などが効果的に役割分担・協力し講義内容を考え実践しています。

循環器 看護師の役割はソーシャルワーカーに対しては情報の橋渡し役です。

医療従事者にとって「ソーシャルワーカー」はなじみのある職種です。退院するまでの、そして退院後必要となる人的・物理的支援をアセスメントし調整していく大切な役割を担っています。

しかし、患者様や家族に、退院についてや、在宅復帰に向けて「ソーシャルワーカーさんと相談の場を設けましょう」と持ちかけると「よくわからない人に何を相談するんだ」とか「早く退院しろとせかされるのか」といった警戒心を表されることがあります。

他業種のチーム医療とはいっても、患者様が医師・看護師・理学療法士等の入院生活で直接かかわるメンバー以外を知らなければ警戒感があるのは当然のことです。

看護師の役割は、ソーシャルワーカーと患者様・家族との橋渡しです。患者様にはソーシャルワーカーの役割や機能、信頼できることを紹介し、ソーシャルワーカーには退院までや、退院後障害となりそうな事象について情報提供することが必要です。

循環器 看護師の役割は同僚看護師に対しては同じ目標を持つ戦友であり同志であるといえます

循環器病棟は、まさに戦場か・・・と感じるほど忙しい瞬間があります。そんなとき、助けてくれる先輩や師長さん達もありがたいのですが、同僚看護師との助け合いはどんなものにも代えがたいです。

循環器で働く看護師にとって同僚看護師の役割は、情報交換や励まし合う事です。「この本良かったよ」「こんな勉強会いこうよ」と情報交換できる同僚看護師はとても貴重な戦友で同志なのです。

まとめ

日々の看護を通して患者様の異常を発見し、重篤な急変を防ぐことができた時や、自分の指導で患者様の生活習慣が改善し、再発予防や病態の改善が見られた時が循環器看護師としての醍醐味を感じられることは間違いありません。

また、看護師は連絡調整役という役割も担っています。

循環器看護師は、医師・薬剤師・理学療法士・栄養士・ソーシャルワーカー等色々な職種とコンタクトをとり、患者様をサポートする機会が多くあります。

循環器科は「忙しい」「急変が多い」等、ハード面が強調されがちなため、向上心が高く勉強熱心な若い看護師しか勤まらないと誤解されがちです。

しかし、患者様と向き合い日常生活を整える、再発防止に働きかけるという重大な任務・役割は、看護師ならではの気遣いや患者様に寄り添う優しさの看護が欠かせないのです。

循環器看護を面白そうだな、やってみたいなと感じた方は、転職支援サイトに相談してみてはいかがでしょうか。詳しい病院情報や求人情報をもとに、あなたにあった循環器の病院を見つけて欲しいと思います。

循環器の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る