循環器の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

新卒看護師、第二新卒の看護師が循環器への就職を成功させるためのアドバイス

数ある診療科の中で、循環器は「難しそう」「勉強が大変」「忙しい、残業が多い」「急変が多い」というイメージを抱いている看護師が多いようです。

就職先を決定する段階で「循環器は嫌」と言われる新卒看護師、第二新卒の看護師もいることは確かです。

その反面「勉強できそう」「やりがいがありそう」という理由で、循環器に就職希望される看護師もいますが、循環器の経験がなくても就職できるのか、やっていけるのかと不安を感じて迷っている看護師も多いようです。

この記事を読んでいただいて、循環器への就職も悪くない、と希望を持っていただければ嬉しいです。

新卒看護師と第二新卒の看護師が循環器へ就職するお話

おしゃれなカフェで、女性が会話に花を咲かせています。

若い女性ですね、どうも看護師同士の友達のようです。新卒で総合病院の外科病棟に勤務し、もうすぐ2年目になる継子と、同じ外科病棟を2か月前に退職した新美の二人です。ちょっと覗いてみましょう。

継子「新美、元気そうでよかったわ。2か月間どんな感じで過ごしているの?」

新美「継子こそ元気そうだけど、忙しそうだね!私は一通り行きたいところに旅行に行ったし、ゆっくりしたわ。そろそろ働かないと、と思ってるところ」

継子「就職活動してるんだ、新美は外科病棟が合っていないと言っていたけど、次はどんなところを選ぶの?」

新美「心電図とかも興味あるし、勉強になりそうだから循環器に就職したいなあとは思ってる。でも、半年ちょっとしか実務経験ないし、夜勤も数回しか経験していないし、点滴もまだ自信ないのに大丈夫かなあと迷っているところ。もうすぐ新卒が入ってくる時期でしょ?新しい職場で、新卒と一緒にされても嫌だし、かといって出来る扱いされても困るし」

継子「新卒と一緒に教育を受け直すっていうのはいい機会になるんじゃないの?」

新美「一応少しは看護師として先輩なんだから、一緒にはされたくないけど、必要なことは教えてもらいたいのよ」

継子・・・・(技術が独り立ちできていないのだから学びなおしは必要じゃないのかなあ)

こんな会話、心当たりありませんか?

看護師としてブランクがある、または技術が独り立ちしないままの第二新卒の転職は、就職活動で重視するポイントがあります

新美が転職を成功させるためにはどうしたらいいでしょうか?解説していきます。

新卒看護師と第二新卒の看護師は循環器に就職できるの?

ハッキリ言います、できます。

循環器は「難しい」「勉強が大変そう」と就職を迷っている新卒看護師、第二新卒の看護師は多いと思います。

現在循環器で働く看護師は全員、循環器が初めて、という時期があった訳ですから、就職が無理なはずはありません。そして、循環器の現場は新卒看護師、第二新卒の看護師を強く求めています。

そのため、新卒看護師、第二新卒の看護師が段階的に教育を受けられるよう、プログラム作りに力を入れている病院が増えているのです。

新卒看護師が循環器に就職する時の心構えは何?

循環器に就職するから気合を入れないと!休みの日にも勉強しないと!と構えすぎる必要はありません。循環器も数ある診療科の一つです。日々の業務で得た学びを忘れず、一歩ずつ着実に学んでいけばいいと思います。

循環器は心電図が読めるようになるのが大変、と言われます。基礎の知識がないまま難しい心電図を読めるようにはなりません。段階を踏んで学んでいこうという心構えは必要です。

第二新卒の看護師が循環器に就職する時の心構えは?

新卒看護師と同じく、構えすぎる必要はありません。

新美のように、心電図に興味がある、勉強になりそうという動機で就職することも問題ないと思います。

今まで学んだ知識や技術を発揮しなければ、というプレッシャーを感じすぎることなく、真摯に学びなおすという心構えが必要です。

循環器以外から循環器に就職する場合

循環器以外の診療科からの転職は、他の看護師についていけるのか、足手まといと思われないか、など特に不安が強いでしょう。

新美のように、新卒一年未満で転職する場合は、就職先循環器での同期看護師とのスキルの差、次に就職してくる新卒看護師との関係性に悩むこともあるかもしれません。

新美も「新卒と一緒にされるのは嫌、でも出来る扱いは困る」と言っています。

経験者として求められる即戦力と、循環器の知識レベルが低いというギャップは、地道に学びなおす心構えでカバーしていきましょう。

循環器から循環器に就職する場合

循環器の新人教育プログラムをある程度経験した看護師の、循環器への就職は容易と言えます。循環器の現場は、循環器の経験がある第二新卒看護師を迎えたいと思っているからです。

看護師として患者さんとの接し方、社会人としてのマナー、看護倫理、インシデントの考え方などの基礎とともに、循環器の基礎知識があることは優遇されるポイントです。

病院によって、業務の流れや他職種との役割分担も異なります。循環器を学びなおす姿勢とともに、新たな職場のやり方を柔軟に吸収していこうという姿勢が大切です。

新卒看護師と第二新卒の看護師が循環器に就職を考える時のポイント

循環器の現場は、新人看護師、第二新卒看護師を求めていることはわかっていただけたと思います。循環器の就職を考える時のポイントを解説していきます。

段階的に学んでいけるか、教育体制が整っているかがポイント

新卒看護師であれ、第二新卒看護師であれ、段階的に循環器を学んでいける教育体制かどうかがポイントになってきます。

負担がかかり過ぎず、心電図を含む循環器の勉強を進められるような環境かどうかをよく確認しましょう。

休みの日の勉強会参加、レポート作成、看護研究を含む課題など詰め込まれ過ぎると、どんなにやる気があっても疲弊してしまいます。

長く働き続けられる環境か、よく確認することがポイント

数か月で技術、知識をマスターするのは困難です、数年単位で段階的に学んでいくためには、長く働き続けられる職場かをよく見極めることもポイントです。

自宅からの通勤時間がかかり過ぎる、苦手な三交代勤務でシフトが組まれている、病棟と救急外来の兼務がある、2人夜勤がある、等自分が苦手とする要素があれば、長く働き続けることは難しくなります。

就職先へのアクセスや、勤務状況をよく確認することがポイントです。

第二新卒看護師の場合、自分の技術・知識レベルにあった指導をしてもらえるかがポイント

第二新卒看護師は、新卒看護師として働いた期間や習得している技術、次の職場に就職するまでの期間などかなり個人差があります。

新美は、4月入職の新卒に交じって教育プログラムを受けることを嫌がっているようですが、新美がマスターできていない看護技術の内容を見極め、必要と判断されたことに関しては、新卒とともに指導を受けることも必要です。

第二新卒看護師の個別性を重視、知識・技術レベルを正しく評価し、レベルにあった指導をしてもらえるかがポイントです。

第二新卒看護師の場合、看護師としての経験を考慮してもらえるかがポイント

循環器が未経験であっても、新美は看護師として1年近くの実務経験があります。患者さんとの関わりで培ったコミュニケーション能力、外科病棟で学んだ知識があり、新卒と比較すると看護師としての基礎ができています。

新美は、「一応少しは看護師として先輩なんだから、一緒にはされたくない」と言っています。循環器が未経験であっても、看護師としては経験者であるというプライドがあります。

このプライドを捨て去って、新卒と同じ気持ちで頑張りなさいと言われても難しいですし、新美のモチベーションは下がってしまうでしょう。

第二新卒看護師の転職は、看護師としての経験を考慮したうえで、未経験の分野について教育してもらえる環境が望ましいと言えます。

まとめ

新卒看護師、第二新卒看護師は循環器に就職できる、と言い切ってしまいました。

誰もが最初は未経験者です、少しづつ学びを重ねて循環器 看護師になっていきます。そのためには、数年単位の仕事の継続が望ましいことは解説しました。

長く働けそうな職場環境か、じっくり学べるかについて十分にリサーチして就職したいものです。

しかし、指導の実態や、内部事情は病院のホームページや募集要項を見ただけでは分かりません。この問題を解決するには、ぜひ看護師転職サイトに無料登録して就職先を探すことをおすすめします。

看護師の就職アドバイスのプロが、就職したい看護師の不安や悩みをヒアリングし、もっともマッチングしそうな病院を紹介してくれます。

具体的には履歴書作成、病院見学・面接日時の設定、給与待遇面の交渉、面接対策など、就職までのプロセスをサポートしてくれます新人看護師、第二新卒看護師の就職サポートは、是非転職サイトを活用してください。

循環器の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る