循環器の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

循環器で働いてみたくなる、看護師が嬉しく感じる数々の場面とは

循環器は難しい、循環器は残業が多い、循環器は勉強が大変。

看護師にとって循環器は好き、嫌い、得意、不得意が分かれやすい分野です。嫌い、不得意という看護師の中には、実際に循環器で働いたことはないけれど、実習の時に受けた忙しそうというイメージが強かったり、人から聞いた話で循環器を避けている人もいるようです。

しかし、循環器はやりがいを感じイキイキと働いている看護師がたくさんいます。仕事が楽しい、もっとスキルアップしたいと毎日を楽しんでいる看護師もたくさんいます。

循環器で働く看護師が「嬉しくなること」をたくさん紹介していきます。この記事を読んでくださった看護師の皆さんが、循環器で働いてみたい、ちょっと面白そう、少しでもそんな風に思ってもらえたら嬉しいです。

最後までお付き合いください。

循環器で看護師が嬉しくなる、ますます循環器を極めたくなるお話し

循環器で働く看護師が「嬉しくなる」のはどんな時でしょか?循環器 看護師のキャリア形成は実際どうなっているのでしょうか?

とある循環器病棟、昼休み中の2人の看護師が話しをしています、会話をちょっと覗いてみましょう。

新卒で手術室に配属され4年勤務、その後循環器病棟に異動になり3年目の継子看護師、同じ循環器病棟に新卒で配属され2年目の輝美看護師の2人です。継子は病棟の教育係を担当しています。

最近、申し送りも的確だし、記録も良く書けているね。すごく良くなってきてると思うよ、頑張ってるね

継子「最近、申し送りも的確だし、記録も良く書けているね。すごく良くなってきてると思うよ、頑張ってるね」

輝美「ありがとうございます、すごく嬉しいです。普段の仕事には慣れてきたし、少しづつ自信がついてきた気がします。でも、患者さんの急変とか不測の事態には全然対応できません、怖いですね」

継子「教育係がサポートしていくから頑張ろうね」

輝美「継子先輩、急変の時でもすごく冷静だしテキパキしてますね。経験すればできるようになってくるんでしょうか、教えてください」

手術室の経験が患者さんの看護に生かせていると思うわ

継子「私は、循環器病棟に異動になる前は手術室だったから、挿管の介助は日常的にやっていたし慣れてるっていうのも大きいと思う。手術室での4年間の経験は、かなり役に立っていると感じるわ。手術室から病棟に異動になったときは、全然違う分野に思えて不安だったけど。手術を受ける患者さんへの関りは得意だし、手術室の経験が患者さんの看護に生かせていると思うわ」

輝美「そうなんですね。循環器つながりで役立つことも多いんですね。」

継子「循環器に関係する他の部署での経験が、循環器で入院中の患者さんを看る役に立つことも多いよ」

輝美「じゃあ、病棟での急変時の処置なんかで、役に立つ経験って他にありますか」

継子「救急外来での急性心筋梗塞や狭心症なんかの循環器急性期の対応はかなり役に立つと思う。研修として救急外来に救急患者さんの受け入れ見学に行ってみてもいいかもしれないね。急変処置の一連の流れをイメージできるようになりそうだし、教育委員会で検討してみようかな。どう思う?」

輝美「はい!見学から経験させてもらえればすごく助かります。循環器は救急外来や手術室とも共通する技術とか知識があるっていうことなんですね。」

救急外来での急性心筋梗塞や狭心症なんかの循環器急性期の対応はかなり役に立つと思う

そこに継子、輝美の上司である秀子師長がやってきました。

輝美「師長さん、お疲れ様です。今、継子先輩に褒められていたところなんですよ、記録も申し送りも良くなったって」

秀子師長「お疲れ様、良かったわね。確かにテキパキ業務もこなせるように成長しているし、患者さんともいい関係みたいだし、頑張っているわね。あんまり慌てすぎないように頑張ってよ」

輝美「はい(仕事を早く終わらせようとして、うっかり後かたずけ忘れてること、ばれてるかも)」

秀子師長「継子さん、今日は教育委員会の会議でしたね。何か困っていることはない?」

継子「実はさっき思いついたんですけど・・・2年目看護師の急変時対応研修に救急外来の見学を取り入れてみようと思うんですけどどうでしょうか」

秀子師長「いいアイデアかもしれないわね、研修の目的、対象、期間、受け入れ態勢のことなどよく考えて計画書にまとめてみて。それから具体的に考えましょう」

継子「はい(やっぱり思い付きで言うだけではだめね。受け入れ先の事情もあるし、研修に出す間業務に支障が無いように調整も必要ね。早まってしまったわ)」

輝美「継子先輩が、以前は手術室勤務だったってことなんかを教えてくれていたんです。師長さんはこちらに来られる前はCCUですよね。循環器病棟で役立っていることはどんなことですか」

秀子師長「CCUでの経験は、患者さんの心理的サポートにとても役立っているわよ。CCUの前は、子供たちが小さかったから夜勤や残業がしにくかったから心臓カテーテル室、専門外来にいたけど、どの経験も貴重よ。患者さんが外来に来られて、入院が決まって検査、治療を受ける。一時的に集中治療室に入って循環器病棟を経由して退院していく、その一連の過程を全部経験できると、看護にも深みが出るわね」

輝美「すごいですね!循環器で働くのが嬉しくなってきました。私も他の部署で活躍できる可能性があるってことですよね」

継子「もうちょっとここで勉強して一人前になって欲しいわ、異動を考えるのはその先よ、一緒に頑張りましょう」

輝美「もちろんですよ」

秀子師長「2人とも頑張ってね、期待しているわよ」

CCUでの経験は、患者さんの心理的サポートにとても役立っているわよ。

いかがですか?

継子、輝美の良い先輩後輩関係が伝わってくるエピソードですね。継子は教育担当として、2年目看護師である輝美の成長を感じて、嬉しく思っています。また、秀子師長からサポートされていると感じ取っていますね。輝美は、先輩に褒められてさらに自信がつき、循環器看護師の将来性や可能性を知って嬉しく感じています。秀子師長は継子、輝美2人のそれぞれの成長を感じて、嬉しく思っています。2人には、ちょっと釘をさしながらもうまく褒めてモチベーションを上げていますね。

ここからは循環器 看護師に関わる人間関係と「嬉しくなること」を掘り下げて考えていきましょう。

循環器で看護師が嬉しくなる先輩とは、仕事で輝いて人間的に魅力のある人

循環器で看護師が嬉しくなる先輩とは、仕事で輝いて人間的に魅力のある人

輝美にとって継子は目標とする先輩で「あんな風にテキパキ動けるようになりたい」と思っています。また、自分の成長を支援し、見守ってくれる存在でもあります。

循環器のエキスパート看護師、認定看護師の資格を持っているなど知識の豊富な先輩であっても、後輩への指導が厳しすぎたり、ダメ出しばかりだったり、成長を認めてくれない人は後輩から信頼されません。

継子は、教育担当という役割や日々の仕事をイキイキとこなしている様です。

循環器の仕事で輝いていて人間的に魅力のある先輩看護師は、後輩にとってとても嬉しい存在です。

循環器で看護師が嬉しくなる後輩とは、素直で実行力のある人

循環器で看護師が嬉しくなる後輩とは、素直で実行力のある人

何事も学びを吸収していく人は素直な人です。

一緒に仕事をしながら、指導する立場としては、自分の指摘や注意を素直に受け止めて、前向きに挑戦してくれる人は、もっと成長してほしいと指導にも心がこもります。

循環器 看護師は、マスターすべき看護技術や獲得が必要な知識がたくさんあります。指導を受ける後輩の側が「なんでこんなことをしなければいけないのか」「指導のペースが速すぎる、遅すぎる」等、指導する側のやり方にいちいち反発していてはなかなか成長できません。

指導は何事も素直に受け入れ、「やってみよう」という前向きな実行力がある後輩は、とても嬉しい存在です。

循環器で看護師が嬉しくなる上司とは、循環器 看護師のキャリア形成を段階的に支援してくれる人

循環器で看護師が嬉しくなる上司とは、循環器 看護師のキャリア形成を段階的に支援してくれる人

循環器 看護師が経験を積める場所は、継子看護師が言うようにたくさんあります。

循環器病棟、救急外来、手術室、心臓カテーテル部門、心臓リハビリテーション、CCU、専門外来などです。短いサイクルで部署異動してもキャリアを蓄積することは難しいため、特定の部署で目標を決めて勉強しながら勤務し、希望する部署へ異動することになります。

個々の看護師にどの分野が向いているか、弱み、強みを把握し、循環器 看護師としてのキャリア形成をサポートしてくれる上司に巡り合うことが出来れば、とても嬉しいですね。

秀子師長は、中堅看護師である継子を循環器のスペシャリストとして成長させる支援をしています。そのために必要な役割を割り当て、部署異動の検討も行っています。

このような、循環器 看護師のキャリア形成を段階的に支援してくれる上司は、循環器 看護師にとって嬉しい存在と言えます。

循環器で看護師が嬉しくなる医師とは、看護師を信頼し成長させてくれる人

循環器で看護師が嬉しくなる医師とは、看護師を信頼し成長させてくれる人

循環器の医師は多忙です。外来診療、救急外来当番、病棟での診察、心臓カテーテル治療や検査の担当など、たくさんの役割があり、患者さんの状態も変化しやすいため気を休める暇がないといって良いでしょう。

しかも、循環器は他の診療科と比較し、薬剤の管理が非常に繊細です。循環器系に作用する薬剤、例えばβ遮断薬は心不全や高血圧治療に効果を発揮しますが、薬剤量は少しづつ調整していかなければ、急激に心不全を悪化させる諸刃の刃となります。また、抗不整脈剤は、どんな薬にも催不整脈作用(別の不整脈を起こさせる)があり、十分な心電図モニター監視のもと薬剤の効果を判定していく必要があります。

医師は自分が処方した薬が、間違いなく確実に患者に投与されているか、自分では確認することは出来ません。医師が薬を直接飲ませるわけにはいきません。モニター心電図の前に座って、観察することも不可能です。

医師の指示を確実に実行し、循環器の患者さんの異常やその兆候をいち早く発見するのは看護師です。循環器 看護師が存分に能力を発揮するためには「医師から信頼されていること」が大切です。看護師が「心電図モニター上、こんな異常が出ていました」と報告しても「本当にそうだったの?」と疑われるようでは患者さんのためのスムーズな治療に結びつきません。医師に信頼される仕事ができる循環器 看護師と、看護師の知識、技術を信頼する医師、その関係性があってこそ円滑なチーム医療が実行できると言えます。循環器 看護師は医師に信頼される仕事ができるように努力しますし、その過程で成長していきます。つまり、信頼されることは成長につながるのです。

循環器 看護師が嬉しくなる医師とは看護師を信頼し成長させてくれる人と言える訳です。

循環器で看護師が嬉しくなる研修医とは、爽やかで勉強熱心な人

循環器で看護師が嬉しくなる研修医とは、爽やかで勉強熱心な人

研修医は医師免許を持っているれっきとした医師です。

研修中であるため様々なサポートが必要で、ベテラン循環器 看護師からすれば「先生、この指示なんかおかしいよ」とフォローすることも多々あります。患者さんへの説明もたどたどしく、ヒヤヒヤさせられることも大いにあります。

しかし、フレッシュな研修医が院内に存在するだけで、なんとなく新鮮で、患者さんも嬉しそうにしている様子が伺えます。看護師にとっても研修医の存在は、その真剣さ熱心さが刺激になることも大いにあります。忙しい循環器の現場において、研修医の存在は新鮮さをもたらす嬉しい存在です。

逆に嬉しくない研修医は、服装礼儀がなっていない、患者さんに敬意を払っていない、学生気分が抜けていない医師です。挨拶がいい加減だったり、物を尋ねる時のぞんざいな態度は論外で、指導医の前でだけキチンとしているような人は爽やかさとは程遠く、信頼できません。

逆に言うと、看護師にとって研修医は、礼儀服装がきっちりしている、患者さんに敬意を払っている、医師としての自覚を持っている、だけで嬉しくなる存在ということですね。

循環器で看護師が嬉しくなる患者とは、前向きに病気と向き合い、受け止めようとする人

循環器で看護師が嬉しくなる患者とは、前向きに病気と向き合い、受け止めようとする人

循環器疾患の発症は、患者さんに生命の危機、恐怖を感じさせることも多くあります。例えば急性心筋梗塞の発症、大動脈解離の発症などは激しい痛みを伴いショック状態に陥り、直ちに救命の処置が行われなければ死に直結することも少なくありません。その体験はトラウマになってしまうこともあり、回復の過程でも精神的な落ち込みにつながることもあります。

また、生活習慣病である動脈硬化症、高血圧などは食生活の改善、服薬治療の継続が欠かせません。日常生活に規制が加わることは、人によって受け止め方は色々ですが、どんな患者さんにもストレスです。

「薬をいつも持ち歩くなんて面倒だな」「酒の付き合いを控えるなんて、社会人ならあり得ない、無理だ」「塩分制限食はまずい、続かない」「運動をして痩せろと言われても、忙しいから運動は無理だ」といったネガティブな思いは誰にでもあるでしょう。でも「自分の健康のため」「また病気にならないように頑張ってみよう」と前向きにとらえて努力して下さる患者さんを看護師は全力で支援したくなります。

看護師は、回復を支援し患者さん自身が再発予防行動をとれるように指導します。その過程で前向きに自分の病気と向きあい、受け止めようと努力してくれる患者さんとの関りはとても嬉しいものです。

循環器で看護師が嬉しくなる患者の家族とは、循環器疾患の再発予防に理解を示してくれる人

循環器で看護師が嬉しくなる患者の家族とは、循環器疾患の再発予防に理解を示してくれる人

循環器の患者さんにとって、疾患の再発予防行動はとても重要です。血圧コントロール、心不全予防の塩分水分制限、運動制限などは急性期を脱して退院しても継続が必要です。そのためには患者さん自身の努力はもちろん、家族の協力と理解が不可欠と言えます。

再発予防行動の真意を理解するには、医師や看護師の説明や指導を受けて、患者さんも家族も勉強する必要があります。その段階で「難しい、面倒だ、本人が言うことを聞くはずがない」と諦めてしまわれる家族の方も少なくありません。

循環器 看護師にとってもっとも嬉しい患者さんの家族は、循環器疾患の再発予防に理解を示し、ともに協力してくれる人です。患者さん、家族、看護師を含む医療者の三者が協力し、心臓血管疾患や心不全の予防が出来た時、とても嬉しくやりがいがあります。

循環器で看護師が嬉しくなる手術看護師とは、術前患者さんの不安を和らげてくれる看護師

循環器で看護師が嬉しくなる手術看護師とは、術前患者さんの不安を和らげてくれる看護師

循環器系の手術の代表といえば、心臓・大血管系の手術です。心臓バイパス術、心臓弁置換術、大動脈人工血管置換術等様々な手術があります。

これらは、患者さんにとってまさに命懸けです、医師からの手術の説明は死亡のリスクも含めた大変厳しいものになります。循環器病棟や循環器外来看護師は、手術を受ける患者さんの不安や緊張を少しでも取り除こうと努力し看護を行います。そんな時、術前訪問で「私が手術に立ち会います、手術の時はこんな風にします」ときちんとした説明で、患者さんに説明してくれる手術室看護師は、とても頼もしい存在です。循環器 看護師にとって、術前患者の不安を和らげてくれる手術室看護師の存在は、とてもありがたく嬉しいものです。

循環器で看護師が嬉しくなる看護助手とは、ちょっとした患者さんの変化に気付ける感受性豊かな人

循環器で看護師が嬉しくなる看護助手とは、ちょっとした患者さんの変化に気付ける感受性豊かな人

看護助手さんは、看護師のように患者さんの疾患や重症度を細かく把握しているわけではありません。しかし、患者さんの側で身の回りのお世話や、介護を通して患者さんを見てくれています。

調子のすぐれない患者さんの様子、いつもと違う顔色に気が付いて、看護師に報告してくれたことで、異常の早期発見につながる例もあります。私が実際に体験したのは、急変の可能性が極めて低いと考えていた患者さんが、病室で突然倒れ、その場に居合わせた看護助手さんがCPR(一時救命処置)をしながらナースコールを押してくれたことで、救命に繋がった例です。また、じっとり汗をかいていてしんどそう、という報告を受けて急性心不全の兆候をいち早く発見できた例もあります。

循環器の患者さんに関わるもの同士として、ちょっとした変化に気付ける感受性豊かな看護助手さんと働けると嬉しくなりますね。

循環器で看護師が嬉しくなる理学療法士とは、循環器の知識を共有できる人

循環器で看護師が嬉しくなる理学療法士とは、循環器の知識を共有できる人

循環器のリハビリテーションが、整形外科疾患や脳血管疾患患者さんのリハビリテーションと決定的に異なることは、機能訓練が中心ではないということです。例えば、骨折後の筋力低下に対しては日常生活に必要な機能を回復し、代償機能を上手く使って体を動かせるように訓練する事がリハビリテーションの目的と言えます。

循環器のリハビリテーションは、疾患の再発予防を含めた多職種による介入、と言えます。例えば、中年期で急性心筋梗塞後の患者さんであれば、麻痺や著しい筋力低下や、骨格系の器質的変化はありません。だから、普段通り動こうと思えば動けるわけです。しかし、循環器の心臓リハビリテーションプログラムでは、血行動態に悪影響を与えないようにモニタリングしながら患者さんが「動きすぎないように」少しずつADLを上げていくのです。なぜ、急激な運動が危険なのか、どのような影響を与えるのか、日常生活はどのように過ごすべきかを患者さんに理解してもらえるように説明し、患者さん自身が実践できるような教育がリハビリテーションなのです。

この循環器のリハビリテーションにかかわる理学療法士は、看護師と循環器の情報交換を対等に出来て、知識を共有できる専門知識を持って欲しいということです。理学療法士として、循環器患者さんに適切な運動、教育のプログラムを構築できる人と一緒に仕事ができることは、看護師にとってとても嬉しく、勉強になります。

まとめ

循環器 看護師が嬉しくなる場面、想像していただけましたか?

循環器は忙しいけれど、とてもやりがいのある分野です。看護の質が患者さんの回復や、指導の成果を左右すると言っても過言ではありません。循環器のチーム医療を構成する、医師、研修医、理学療法士、家族、看護助手、様々な人との関りが「嬉しくない」ものであればよい看護は出来ませんね。看護師が嬉しくなる人間関係の中で働いてみたいものです。

循環器 看護師として一歩を踏み出してみたい方、また循環器 看護師としてさらにスキルアップしたい方、ぜひ「嬉しくなる」職場と出会っていただきたいと思います。

そこで、循環器に興味がある、働いてみたいと考えている看護師さん、さらにスキルアップしたい看護師さん、ぜひ転職サイトに登録してお仕事探しをしてみてはいかがでしょうか。

各病院のホームページや募集要項だけでは分からない病院の内情、教育支援体制、など転職サポートのプロから情報がGETできます。もちろん転職サイトへの登録は無料です。

履歴書の書き方と面接対策のアドバイス、病院との条件交渉、面接日時の設定は転職サイトの担当者にお任せいただけます。

看護師の皆さん、循環器で「嬉しくなる」職場との出会い、応援しています。

循環器の看護師向けの求人に強い転職サイトは、どこですか?

転職サイトランキングを見る